NFL、Sunday Ticketの放映権を巡る駆け引き

「Sunday Ticket」とは、日曜日に放送されるNFL中継の番組名で、番組制作はFoxとCBSが担当し、放映はDirecTVが行っている。

Sunday Ticketは「Out-of-market」と呼ばれる、地域外に住む人々を対象にした番組である。

たとえば、ニューヨークに住むダラス・カウボーイのファンは、ダラスに住む地元ファン向けの試合中継は観戦できないが、DirecTVと契約することで同じ試合の観戦が可能になる。

このSunday Ticketの放映権を巡る動きが活発になっている。

先述したように、現在、Sunday Ticketの放映権はDirecTVが独占的に保有している。言い換えれば、Sunday Ticketを見るためにはDirecTVに加入することが必須である。

DirecTVはNFLと8年契約を結んでおり、その契約金は年間およそ15億ドルにも及ぶ。

この契約は2022年まで有効だが、NFLはそれより前に契約を切る権利を持っており、その権利を行使する期限が今年の9月に迫っている。

NFLにとってDirecTVとの契約は、多額の放映権収入が保証されるというメリットがある反面、他の放映方法を探る機会を放棄することを意味する。

たとえば、若年層のファン拡大を狙うのであれば、ネット中継を試すというのも手である。実際、カナダではSunday TicketはDAZNが配信を行っている。

Amazon、DAZN、ESPNはSunday Ticketをネット中継することに興味を示しているものの「独占的配信権」を得るつもりはないという。独占的配信権となればそれだけ放映権料も巨額になるからだ。

NFLが巨額の放映権収入を見込める独占的配信権にこだわるのか、あるいは独占を諦め、より規模の小さな契約を複数社と結ぶのか。

契約の相手はDirecTVか、他のケーブルテレビ業者か、あるいはネット中継業者か。

今後の動向に注目である。

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2019/06/17/Media/Sunday-Ticket.aspx

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中