ロサンゼルスオリンピックのスポンサー最高位「Founding Partners」とは?

2028年に開催されるロサンゼルスオリンピック。それを広告の場として活用したい企業は、どのような形で大会に関わるのか。

大会スポンサーとなるのか。スポンサーにはならず、大会期間中のCMスポットを購入するのか。企業は様々な選択肢を探っているだろう。

そんな企業にとって重要な情報が最近明らかにされた。

2019年5月、ロサンゼルスオリンピック委員会のKathy Carter氏と同大会のテレビ放映権をもつNBC SportsのDan Lovinger氏は、2社がどのように協働するかを説明した。

それによれば、ロサンゼルスオリンピックでは「Founding Partners(共同設立者)」と呼ばれるスポンサーのグループが創設されるという。

Founding Partnersは同大会スポンサーの最高位で、スポンサー料も最も高いが、その分得られる特典も最も充実している。

具体的には、大会スポンサーとしての特典(アクティベーションやホスピタリティなど)だけでなく、NBC Sportsの大会中継中のCMスポットも優先的に確保できる。

つまり、「大会スポンサーにはなりたくないけど、CMは流したい」と考える企業がNBC Sportsに交渉に行っても「すみません、もうCMスポットはすべて埋まってしまいました」ということにもなり兼ねないのである。

これが、ロサンゼルスオリンピック委員会とNBC Sportsが共同でつくりだしたビジネスモデルである。

どのような企業がFounding Partnersになれるかの詳細はまだ明らかにされていないが、「金融」「テクノロジー」「ビール」「エネルギー」といった産業が可能性として指摘されている。また、Nikeはすでにそのポジションに照準を合わせているという情報もある。

Founding Partnersのスポンサー料は4億ドルほどになると見られ、その収益は大会委員会とNBCで均等に分けられるという。

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2019/05/13/Olympics/LA2028.aspx

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

“ロサンゼルスオリンピックのスポンサー最高位「Founding Partners」とは?” への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中