NCAAのスポンサーシップ効果測定

2019年、Turnkey Intelligenceは、NCAAのスポンサーシップの効果を測定するため、アンケート調査を行った。

このアンケートでは、回答者にNCAAのスポンサー企業とその類似企業のリストが手渡され、その中から正しいスポンサー企業を選択するよう指示された。

調査結果によれば、NCAAのスポンサー企業は、昨年よりも多くの人々に正しく認知されていることがわかった。

たとえば、NCAAのオフィシャル銀行であるCapital Oneは49%の人に認知されており、これは昨年から8%増である。

保険会社のGeicoは2019年1月にNCAAのスポンサーとなったばかりだが、すでに23%が認知していた。

興味深いのは、BodyArmor。ご存知ないかもしれないが、現在アメリカスポーツ業界で注目を集める新興企業の一つだ。

BodyArmorは、スポーツドリンクのブランドで、着色料などを抑えたより自然なスポーツドリンクとして売り出している。

同社は、2018年11月にマーチ・マッドネスを含むNCAA主催の全米選手権のスポンサーとなった。

この新興企業を一躍有名にしたのが、マーチ・マッドネス開催中に繰り返し流れたユニークなCMだ。

このCMではNFL選手のアンドリュー・ラックとMLB選手のマイク・トラウトが時代遅れなディスコダンスを披露するシーンから始まる。

そこに「彼らがこんな時代遅れなダンスするわけないように、時代遅れなスポーツドリンクだって飲まない」というナレーションが入る。

そして「ゲータレードさんありがとう。ここからは我々の番です」というメッセージで終わる。つまりゲータレードを「時代遅れなスポーツドリンク」と名指しで批判しているのである。

このCMは多くの人々の興味を引き、今回の調査では新興企業ながら6%の人々に認知されていた。

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2019/05/06/Research-and-Ratings/NCAA-sponsor-breakthrough.aspx
https://www.ncaa.com/news/ncaa/article/2018-11-14/bodyarmor-become-official-sports-drink-ncaa-championships-including

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

“NCAAのスポンサーシップ効果測定” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中