女子サッカー代表チーム応援キャンペーン

2019年6月、フランスでFIFA女子ワールドカップが開催される。これに向け、アメリカサッカー協会は、「WNT Everywhere」というマーケティングキャンペーンを展開する。WNTは「Women’s National Team(女子代表チーム) 」の頭文字である。

このキャンペーンでは、まず、代表選手の出身地もしく縁のある11都市が選ばれる。そして、各都市において、地元の女性アーティストがその選手の壁画を描く。

壁画は多くの人の目を引き、人々の会話を生む広告としての役割を果たす。

また、アメリカサッカー協会は、同協会の携帯アプリを刷新しており、このアプリを使って壁画を見ると、その壁画に描かれている選手の映像が流れる仕組みとなっている。

壁画を広告として活用するアイデアはこれまでもあったが、「地元の女性アーティストが描く」「アプリを使うと選手映像が流れる」という2点は非常にユニークである。

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2019/05/06/Leagues-and-Governing-Bodies/USSoccer.aspx

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中