タバコ企業、モータースポーツ界に再登場

モータースポーツ黎明期、タバコ企業はスポンサーとしてその発展に貢献した。たとえば、キャメルやラッキーストライクといった銘柄を持つR.J.レイノルズは多大なスポンサー料を支払った。

そんなタバコ企業も近年は、スポンサーシップ市場からほとんど姿を消していた。特にアメリカでは、1998年に連邦政府がタバコ製品の広告停止を命じて以来、タバコ企業のスポンサーとしての存在感もなくなった。

ところが最近、タバコ業界では、タールやニコチンを含まない加熱式タバコ・電子タバコが登場した。

これらの新製品に宣伝の制限はない。そのため、タバコ企業が再びスポンサーシップ市場に戻ってきている。

たとえば、前出のR.J.レイノルズは、インディ500に参戦するマクラーレンのスポンサーとして、同社の加熱式タバコ「Vuse」のロゴをレーシングカーに施している。

現在、加熱式タバコ・電子タバコは世界中に浸透しており、その産業規模は2025年までに470億ドルに到達すると予測されている。

タバコ人気の低いアメリカでも、加熱式タバコ・電子タバコ人気は拡大中だ。たとえば、加熱式タバコ・電子タバコを使用する中高生は2017年から2018年の一年間に150万人増加したという。

この拡大する加熱式タバコ・電子タバコ人気が、タバコ企業のスポンサーシップ市場再登場の背景にあるのだ。

昨今、モータースポーツ界は人気低迷や収益減など明るいニュースがない。かつてその興隆を支えたタバコ企業の再登場は、モータースポーツ界の光となるか。

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2019/04/29/Marketing-and-Sponsorship/Ecigs.aspx

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中