NBA、海外ビジネスに関する新制度を発表

2019年4月、NBAは「国際チームマーケティングプログラム」という新制度の導入を発表した。

これまで北米のプロスポーツでは、アメリカ・カナダ国外のビジネスはリーグが担い、各チームが自由に展開できる海外ビジネスは限られていた。

今回発表された新制度では、NBAの30チームに「グローバル・マーケティング・ライツ」という権利を含めたスポンサーシップの販売が認められる。

これによって、たとえば、海外のテレビCMにおけるチームロゴの使用や、海外の店舗におけるイベントなどが可能になる。

そういったキャンペーンはこれまでもあったのでは?と思うかもしれないが、これまではすべてリーグが主導してきた。今後は各チームが自由に展開できる。

NBAは海外人気が高く、たとえば、ソーシャルメディアのフォロワーの3分の2は海外在住であるという。また、スポンサーの多くはグローバル企業である。

多くのチームが「新制度のインパクトは大きい。スポンサーシップの価値も桁違いになる」と言う。

なお、新制度を活用したスポンサー契約は各チーム2社までに限られている。既存のスポンサー契約に追加することも可能だ。まずは、各チームのユニフォームスポンサーが興味を示すと見られている。

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2019/04/22/Marketing-and-Sponsorship/NBA-Intl.aspx

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

“NBA、海外ビジネスに関する新制度を発表” への4件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中