Emojiマーケティング

日本人には馴染み深い「絵文字」。実は英語でも「Emoji」と呼ばれる。

このEmojiをマーケティングに生かそうとするスポーツチームがある。

ノートルダム大学やオレゴン大学などの40以上のカレッジスポーツチームや、野球独立リーグのAtlantic Leagueは、独自のEmojiを制作しソーシャルメディアやメールで使用している。

独自のEmojiを作る際には、YourMojiというアプリが活用される。

YourMojiを制作したFotobom Mediaという会社によれば、「人々が写真やビデオなどのコンテンツをシェアする際、メールやFacebookメッセンジャーのような特定の相手に送る場合が84%を占める。逆に、FacebookやTwitterのタイムラインを使って不特定多数の人にシェアするのは残りの16%に過ぎない」という。

「今日、多くの会社が『ソーシャルメディア用の予算』を組むが、その9割以上は、タイムラインをどう使うかに主眼が置かれており、この一対一のコミュニケーションは見落とされている」。

チームが作った独自のEmojiはYourMojiを通じてファンも手に入れることができる。チームはファン同士の会話の一部になることができるのである。

また、スポンサー企業も一定の料金をチームに支払えば、チームEmojiを自社の宣伝に使用することができる。

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2016/04/04/Marketing-and-Sponsorship/Emojis.aspx
https://www.fotobommedia.com/for-marketers

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中