#StompOutCancer(ガンを踏みつぶせ!)

オレゴン州に本社を置くNikeは、同州ポートランドにあるDoernbecher Children’s Hospital(DCH)という病院と10年以上に渡って関係を築いてきた。

たとえば、DCHに入院するガン患者と一緒に新しいシューズをデザインし、その売上1700万ドルを同院に寄付している。

そんなNikeがDCHと、そしてNikeの「発祥の地」であるオレゴン大学と共同で展開したのが「#StompOutCancer(ガンを踏みつぶせ)」というキャンペーンである。

このキャンペーンでは、まず、オレゴン大学アメフトチームのユニフォームに、特別なロゴがあしらわれた。

チームマスコットがCancer(ガン)という文字を踏みつける様子が描かれている。このユニフォームは、ガン闘病を経験した10代の3名がデザインしたものである。

同チームは、この3名がガン闘病をしていた当時の様子や、ロゴをデザインしている姿などをまとめた動画を#StompOutCancerというハッシュタグとともに投稿した。

また、試合会場ではチームマスコットがCancerという文字を踏みつけるパフォーマンスが行われ、これも#StompOutCancerととともに投稿された。

View this post on Instagram

#StompOutCancer

A post shared by Oregon Ducks (@goducks) on

その他にも、ロゴデザインをした3名が選手に祝福される動画なども投稿された。

このキャンペーンは大きな反響を呼び、同チームのTwitterフォロワー数は113,000から509,000に急増し、また多くのファンが#StompOutCancerを使って様々なコメントを投稿した。

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2017/10/09/In-Depth/Oregon.aspx

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中