「ジェネレーションZ」とは何者か②

前回の投稿で説明したように、ジェネレーションZは「貴重でユニークな体験をしたい」という欲求が強く、これはスポーツと親和性が高いと考えられる。

ところが、DynataがジェネレーションZを対象に行った調査によると、「スポーツ観戦は楽しい」と答えたのは全体の35%であった。

ここから、スポーツ組織がジェネレーションZのニーズを完全に満たせてはいないという現状が理解できる。

さて、ここで考えるべきは、ジェネレーションZが求める「貴重でユニークな体験」が何を意味しているのかという問題である。

数十年前、スポーツイベントと言えば、スポーツの試合だけを見せるイベントであった。

その後「観戦経験」や「経験価値」といった言葉が生まれ、「試合以外の側面も充実させることが重要である」という考えが浸透した。

今日、スポーツ観戦に行けば、様々な参加型イベントが用意され、観客は試合以外にも楽しみを見つけられるようになっている。

ところが、ジェネレーションZは、物心ついた頃からスポーツ観戦とはそういうものであった。ボールを投げたりくじ引きをしたりしてもそれが「貴重でユニークな体験」とは感じないのである。

Sports Business Journalが行った調査の結果

実際、Sports Business Journalが行ったアンケート調査によれば、「スポーツ観戦において最も重要なものは?」という質問に「会場での参加型イベント」と答えたのはわずか1.78%であった。

また、「スポーツ観戦において『また来たい』と思わせる最も重要な要素は?」という質問に対して「会場付近での経験」と答えたのもわずか8%であった。

ジェネレーションZが欲する「貴重でユニークな体験」を提供するためには、従来のアイデアをテンプレートのように使うのではなく、全く新しいアイデアを生むことが必要になるだろう。

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2019/04/01/In-Depth/Gen-Z.aspx
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2019/04/01/In-Depth/Research.aspx

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中