マーチ・マッドネスのユニークな用語・儀式

マーチ・マッドネスも残すところ準決勝と決勝のみとなった。八村塁選手率いるゴンザガ大学の活躍もあり、日本のスポーツファンにも注目される大会になりつつある。

ころで、マーチ・マッドネスに関する記事を読んでいて、「エリート8に進出」のような表記を目にした方もいるかもしれない。これはマーチ・マッドネス用語で、「スウィート16」はベスト16、「エリート8」はベスト8、「ファイナル4」はベスト4を意味する。

この中でもファイナル4に残ることは特別な意味を持ち、この4チームにのみ、ある儀式が許される。

それがネット・カッティングである。

準々決勝の試合終了後、勝利チームの選手が脚立に上り、少しずつバスケットボールのネットを切っていくのである。

これは、ビールかけやシャンパン・ファイトと同様、勝利を祝福する儀式となっており、選手とファンにとっては特別な瞬間となる。

そして、そんな特別な儀式に使われる脚立。これはNCAAのスポンサーであるWernerのものである。同社は、ネット・カッティングで使用される「オフィシャル脚立」の提供者として2008年からNCAAのスポンサーになっている。

このスポンサーシップについてWerner副社長のChris Filardi氏はこう話す。「脚立を売るのは大変です。建設現場では他の器具ほど目立ちません。でもこのスポンサーシップのおかげで我々は認知されました」。

ちなみに、同社はマーケティング予算の50%をこのスポンサーシップに費やしているという。

参考文献http://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2016/04/11/Marketing-and-Sponsorship/Werner.aspx

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中