Fanatics、Walmartと業務提携

Fanaticsは2019年1月、世界最大のスーパーマーケットチェーン、Walmartと業務提携を結んだ。今後、Fanaticsが生産するスポーツグッズがWalmart.comで販売されることになる。

現在Walmartは、Amazonという強力なeコマース企業との競争に勝つためにネット販売に力を入れている。Amazon.comは毎月およそ1億9700万のHP閲覧を記録する一方、Walmart.comは1億2700万閲覧である。

多くのスポーツリーグ(NFL, MLB, NBA, NHL, NASCAR, MLS, PGA)のグッズを生産・販売しているFanaticsとの提携は、Walmart.comの利用者を上げ、Amazonに対抗するための戦略なのである。

一方でFanaticsは、様々な商品を取り扱うWalmart.comに出品することで、未開拓の顧客層にアプローチすることができる。

FanaticsのMichael Rubin氏は「これはとてつもないチャンスです」と言う。「我々は弊社の商品をあらゆるところで販売したいと考えています。『どうすればスポーツグッズ産業を拡大することができるか』とよく聞かれますが、これが一つの答えではないでしょうか」。

Rubin氏は、Walmartとの業務提携を通して、Fanaticsの収益が23億ドルから27億ドルに拡大すると予測している。

FanaticsがWalmartに支払う金額に関しては明らかにされていないが、Walmart.comでの売り上げの7~15%がWalmartに還元されると見られている。

Rubin氏によれば、FanaticsはWalmart以外に2社と同様の契約を結んだというが、詳細はまだ発表されていない。

参考文献:
https://www.cnbc.com/2019/01/29/walmart-is-bringing-fanatics-to-its-website-to-sell-sports-apparel.html
https://news.walmart.com/2019/01/29/walmart-scores-big-for-fans-partners-with-fanatics-to-launch-specialty-shop-offering-sports-merchandise-on-walmartcom
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2019/02/11/Marketing-and-Sponsorship/Fanatics.aspx

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中