NASCAR eスポーツリーグ設立

2018年12月、オートレースのNASCARは自前のeスポーツリーグを立ち上げた。新リーグの名前は「eNASCAR Heat Pro League」。競技には704Gamesが制作する「NASCAR Heat 3」が使用される。

新リーグに参加するのは32名のeスポーツ選手。彼らは実際のNASCARチームを代表することになる。この点は、NBA 2K LeagueやeMLS Cupと似ている。

NASCARのチームは16チームあるので、各チーム2人のeスポーツ選手と契約することになる(1人がPlayStation 4、もう1人がXbox Oneを使用する)。

新リーグは2019年春に開幕し、レギュラーシーズンは16レースで構成され、最終節は実際のNASCARのプレーオフに合わせて9月に開催される予定だ。

すべてのレースはNASCAR.comとMotorsport.comでネット中継される。

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2018/12/10/Leagues-and-Governing-Bodies/NASCAR-esports.aspx

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中