ヤンキースとYES Network①

2018年末、ニューヨーク・ヤンキースがYES Networkというテレビ局を買収する(かもしれない)と報道された。日本のメディアはあまり触れていないが、この動きの裏にはDisneyがいる。

以前の投稿で解説した通り、DisneyはESPNやBAMTechを子会社に持ち、北米スポーツメディア業界で大きな存在である。そのDisneyは2018年7月、713億ドルで21st Century Fox(21世紀フォックス)を買収した。21st Century Foxは、映画会社・映画スタジオの20th Century Fox(20世紀フォックス)の親会社として広く知られているが、その他にも、スポーツの地方中継を行う地方スポーツネット(Regional Sports Network; RSN)を22局保有していた。

つまりDisneyによる21st Century Foxの買収は「映画会社による映画会社の買収」ではなく「巨大メディアによる巨大メディアの買収」を意味するのである(ちなみに、スポーツの全国放送を行い、ESPNの競合であるFox Sportsは買収の対象外である)。

しかし、スポーツメディア業界最大手のDisneyが業界4位の21st Century Foxを買収することで、公正な競争状態が損なわれる恐れがあった。そこでアメリカ合衆国司法省は、買収の条件として「22局のRSNを売却すること」を挙げた。そして、この22局の中に、今回話題になっているYES Networkが含まれていたのである。

「ヤンキースがテレビ局を買収」という見出しを見て、日本テレビやフジテレビのような全国放送を行うテレビ局をヤンキースが買収すると勘違いをした人もいるかもしれないが、実際は「スポーツの地方中継を行うYES Networkが、Disneyによる21st Century Fox買収のために売却されるため、ヤンキースがその買収を検討している」というのが正しい見方である。

では、なぜヤンキースがYES Networkの買収を検討しているのか。それはまた次回。

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2017/12/18/Media/Disney-Fox.aspx
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2018/11/12/Media/RSNs.aspx
https://www.wsj.com/articles/yankees-in-talks-with-amazon-sinclair-to-bid-for-yes-sports-network-11545993000

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

“ヤンキースとYES Network①” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中