スポーツ中継の動向⑦ BAMTechとは何者か?その②

Disneyの出資を受けたBAMTechは、ヨーロッパに進出した。ヨーロッパ進出後、最初に契約を結んだのがEurosport。Eurosport は、ヨーロッパのほとんどの国でオリンピックを放映する権利を持つ企業である。

MLBの一子会社から始まったBAMTechはついにオリンピックビジネスにも関わろうとしているのである(ちなみにEurosportはウィンブルドンの放映権も所有している)。

そして、2017年8月、DisneyはBAMTechに15.8億ドルを追加出資することを発表した。これによって、Disneyが占めるBAMTechの出資金の割合は33%から75%に増加。事実上の買収である。

この買収には2つの大きな意味がある。

1つ目は、Disneyの子会社であるESPNがネット中継技術を手に入れたこと。
以前の投稿で説明したように、アメリカ社会に広まるコード・カッティングの流れの中で、ESPNは近年急速に顧客を減らしている。

収益を拡大するためには、テレビ以外のプラットフォームでもスポーツ中継をする必要があった。DisneyがBAMTechを傘下に収めたことで、DisneyはBAMTechが積み上げてきた専門性と経験を、すべてEPSNのために活用することができたのである。

2つ目は、NHLの放映権。
ESPNは、四大スポーツリーグのなかで唯一NHLのテレビ放映権を持っていない。NHLは2004年に選手がストライキを起こし、シーズンすべての試合をキャンセルした過去がある。その当時テレビ放映権をもっていたESPNはこれで大打撃を食らい、それ以降NHLとは契約を結んで来なかった。

しかし、以前の投稿で解説したように、スポーツメディア界に難攻不落の城を築きたいESPNはなんとしてもNHLの放映権もほしい。そこで目を付けたのがNHLのネット中継権を持っているBAMTechだったのである。

DisneyがBAMTechを買収したことで、ESPNはネット中継技術とNHLのネット放映権を手に入れた。では、ESPNは具体的にどのようにそれらを形にしたのか。それはまた次回。

参考文献:
http://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2016/08/15/Media/BAM-Tech.aspx
http://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2017/08/14/Leagues-and-Governing-Bodies/BAMTech.aspx

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

“スポーツ中継の動向⑦ BAMTechとは何者か?その②” への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中