AIで選手強化

近年、スポーツビジネスの現場でAIが活用され始めている。

たとえばゴルフのPGAは、観客の歓声や選手のリアクションなどのデータをもとにハイライト映像を編集するAIを導入している。

現在、全米テニス協会(USTA)は、AIを選手強化のために活用している。

2018年夏、USTAのハイパフォーマンス・コーチング部は、それまで撮り貯めておいた何千時間という膨大な資料映像をAIに読み込ませた。AIは、そのデータを用いて選手のパフォーマンスを分析する。協会はその分析結果をもとに、ジュニア選手からトップ選手まで、個々の選手にあったトレーニングレポートを作成している。

たとえば、ある選手がミスをしたあとに、それがパフォーマンスに好影響を与えるのか、悪影響を与えるのか、それともまったく影響はないのか、という情報がコーチに渡される。コーチはそういった傾向を知ることで、その選手の特性を理解することができ、より効果的なコーチングが可能になるという。

担当者のElizabeth O’Brien氏は「私たちはビデオを豊富なデータ源と捉えています」と話す。「人間がビデオを見るだけでは気が付かないようなこともすべてデータとして取り込めます」。

AIの導入前、選手の動きなどは手作業で入力しなくてはならなかった。当時2時間かけて行っていた作業は、現在2分で片付くという。

参考文献:https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2018/09/17/Leagues-and-Governing-Bodies/USTA-AI.aspx

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中