大記録に挑むオンラインゲーム

MLB Advacned Media制作の「Beat the Streak」は、1941年にヤンキースのジョー・ディマジオが打ち立てた不滅の大記録「56試合連続ヒット」に挑むオンラインゲームである。

ルールはいたって簡単。参加者は、MLB30球団の現役選手の中から、その日の試合でヒットを打ちそうな選手を1人選ぶ。もしその選手が、その日の試合で実際にヒットを打てば、1試合クリア。また次の日、選手を1人選び(前日と同じ選手でも可)、その選手がその日の試合でヒットを打てば、2試合クリア。これを繰り返し、57試合連続ヒットを達成できれば、ゲームクリアである。

このゲーム、プレーするのは無料だが、見事57試合連続ヒットをクリアすれば、なんと賞金560万ドルを獲得できる。

このゲームが登場してからこれまで17年が経過し、400万人以上がこのゲームに挑戦したが、達成者はいまだはゼロ。最長記録は、Robert Mosleyさんが2017年に記録した51試合である。

ルールが簡単で、登録費もゼロ、さらに成功すれば大金が手に入るため、MLBファンだけでなく、様々な人々の興味を引く。もともと野球に興味のなかった人も、連続ヒットを積み重ねていくうちに、MLB選手のことを学び、自分の選んだ選手を応援するようになる。そして自分の連続ヒットが途切れた時には、ジョー・ディマジオという大打者の偉大さを実感する。間口が広く、奥の深いゲームである。

参考文献:
https://www.mlb.com/news/beat-the-streak-leader-to-record-51-games/c-229995626
http://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2016/05/16/Leagues-and-Governing-Bodies/MLBAM-beat-the-streak.aspx

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中