ビクトリー冷蔵庫

クリーブランド・ブラウンズは弱小チームとして有名だ。2016年シーズンは1勝15敗。2017年シーズンはなんと0勝16敗であった。

スポーツ関連のおもしろ動画を配信しているThe Kickerは、「Hardest Jobs in Sports」というYouTubeシリーズの中で、ブラウンズのチアリーダーがスポーツ界で最も大変な仕事だと皮肉っている。

そんなブラウンズのスポンサーであるAnheuser-Busch InBev(ABI)は、それを逆手にとったユニークなキャンペーンを実施した。

その名も「Victory Fridge(ビクトリー冷蔵庫)」。

これは、同社の製品であるBud Lightがぎっしりと入った冷蔵庫なのだが、鍵がかかっており開けることができない。もしブラウンズが勝てば、ABIから信号が送られ、開く仕組みになっている。

ABIはこれをブラウンズの本拠地であるファーストエナジー・スタジアムと周辺のバーに設置し、2018年シーズンを迎えた。

そして迎えた第3戦。ブラウンズはニューヨーク・ジェッツを下し、2016年以来の勝利をあげた。ファンたちはまるで優勝を決めたかのように大騒ぎ。ビクトリー冷蔵庫の鍵が開くと、その盛り上がりは最高潮に達した。

試合後、ソーシャルメディア上には、ビクトリー冷蔵庫の鍵が開く様子や、ビクトリー冷蔵庫の前にできた長蛇の列など、ブラウンズファンの投稿した写真や映像があふれ、ソーシャルメディア上でもお祭り状態であった。

同社が目指す「ファンエンゲージメントを強めるユニークなスポンサーシップ」の成功例と言えるだろう。

参考文献:
https://www.brewbound.com/news/anheuser-buschs-victory-fridge-will-dispense-free-bud-light-cleveland-browns-win-first-game-2018-season

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

“ビクトリー冷蔵庫” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中