チケットビジネスの動向② サブスクリプション・チケット

ここ2~3年、北米スポーツ業界で注目を集めているのが、サブスクリプション・チケットである。顧客は、毎月(もしくは毎年)決まった金額を支払い、好きな時に好きなだけ試合を観戦することができる。

たとえば、オレゴン州立大学は、2016年からSQUADという月額制チケットサービスを提供している。このサービスでは、月額20ドルを払えば、同大学のスポーツをいつでも好きなだけ観戦することができる(人気のアメフト・バスケットボールの試合も含む)。

SQUADは、主に若い年代の卒業生をターゲットにしている。従来は、学生席チケットと寄付者用のボックス席チケットという2種類しかなかったが、オレゴン州立大学が行った調査によれば、そのどちらもターゲットのニーズは満たしていなかった。

同大学のLassiter氏は「Netflixにしても、携帯電話にしても、月額制でしょう。そのうえで、顧客がいつどのようにサービスを受けるか決定する。それが現代のライフスタイル。それなら、それをスポーツに応用してもいいでしょう」と話す。

プロスポーツでは、MLBの20チーム以上が「Ballpark Pass」というサブスクリプション・チケットを販売している。Ballpark Passは、毎月20~30ドルで基本的にいつでも観戦ができる(ただし、立見席)。

MLBの調査によれば、Ballpark Passは若い世代を中心に受け入れられ、 2017年にはリーグ全体で90万回使用された。

サブスクリプション・チケットが人気を得ている背景には、Netflixなどの定額制のエンターテインメントが消費者の間に浸透したことがあると考えられる。

参考文献:
http://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2016/05/23/Colleges/Oregon-State.aspx
http://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2017/06/26/Leagues-and-Governing-Bodies/Ballpark-Pass.aspx

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

“チケットビジネスの動向② サブスクリプション・チケット” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中