アスリートの社会運動④ スポンサーの反応

2016年のコリン・キャパニックによる抗議運動はNFLファンを中心に大きな議論を呼んだが、その影響はNFLのスポンサーにも及んだ。

Anheuser-Busch InBev(バドワイザーの製造元)は、抗議運動に反対する顧客からの抗議電話が鳴りやまず、それに対応するための専用顧客サービスセンターを設置せざるを得なくなった。

Papa John’sは、抗議運動に対するNFLの対応の悪さを公に非難し、ついにはNFLとの契約を解除した。

NFLスポンサーのPepsiなどのコンサルタントをしているJohn Tatum氏は「NFLは政治的なものから距離を取らなければ、重要なファンを失うリスクを負うことになる」と主張する。

同じくスポーツ・コンサルタントのMarc Ganis氏は「多くの人々は、実生活の問題を忘れるための手段としてスポーツを見ている。もしそういった問題がスポーツの現場に持ち込まれるようなことになれば、スポーツから離れる人も出てくるだろう」と話す。

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2017/11/06/Marketing-and-Sponsorship/NFL-sponsors.aspx

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中